瀬戸内寂聴の名言8(5月15日生まれ)


「妻は、
 やさしくされることを望んでいるだけではない。
 やさしい心で理解されることを望んでいる。」

   出典:『愛の倫理』、瀬戸内晴美(寂聴)、
            角川書店、P83〜84より


     年輩の男性を見ると、
     何かをプレゼントするとか、
     一般的に相手が喜ぶはずの言葉、というように、
      “型にハマったようなやさしさ”
     が多い気がします。


     何を隠そう、私を戒めてくれる言葉です(^^;)。


   
→  瀬戸内寂聴の名言1
     (『残されている希望』のページ)へもどる
 → 瀬戸内寂聴の名言1と2(『残されている希望』の最初のページ)へ飛ぶ。
 → 瀬戸内寂聴の名言4(『ひとりでも生きられる』の最初のページ)へ飛ぶ。
 → 瀬戸内寂聴の名言7(『愛の倫理』の最初のページ)へ飛ぶ。

 → 『愛の倫理』を
     Amazon.co.jpさんで購入する。