書名の50音順で観る『ま行』

   ↓クリックすると、その本のスポットへ移動できます(^^)
    その後、名言をクリックすると、書評コメントが読めます。

 ・『マザー・テレサ 愛のことば』、女子パウロ会
 ・『無心のさとり』、福島慶道




■『マザー・テレサ 愛のことば』、女子パウロ会

   たいせつなのは
    どれだけたくさんのことをしたかではなく
    どれだけ心をこめたかです


   「
ほほえみ ふれあいを
    忘れた人がいます。
    これはとても大きな貧困です


   「
人間にとって
    いちばんひどい病気は
    だれからも必要とされていないと
    感じることです


   「
無理なことを どうこう思い悩むのは
    むだなことです。
    できないことは
    神さまが おのぞみでないのだと思いなさい


   「
あなたがなんであり
    どこの国の人であろうと
    金持ちであろうと 貧乏であろうと
    それは問題ではありません。
    あなたは
    同じ神さまがおつくりになった
    同じ神さまのこどもです


   「
わたしたちのすることは
    大海のたった一滴の水に
    すぎないかもしれません。
    でも
    その一滴の水があつまって大海となるのです


          → このページのトップへもどる


■『無心のさとり』、福島慶道、春秋社

   「『精一杯生きる』とはどういうことか。
    この瞬間を精一杯生きたらいいのです。
    私の立場でいえば、私はいま精一杯話をしたらいいのです。
    皆さん方はいま精一杯聴いてくれたらいいのです。

   「この瞬間を精一杯生きられる者は、
    今日一日が精一杯生きられます。今日一日、
    精一杯生きた者は、必ずこの一年が精一杯生きられます。
    その積み重ねで自分の一生が精一杯生きられるのです。

   「自分を抑えることは同時に他を生かすことになる

   「生と死という対立は、五〇対五〇ではありません。
    『生』が九九・九九九パーセントであり、
    『死』は〇・〇〇一パーセントといわねばなりません。

  
        → このページのトップへもどる